obakenaneko.cocolog-nifty.com > 武装神姫G・M・W保管庫(暫定版)

『純粋戦闘部門』 とっきーVSSakuya 戦闘前 とっきーサイド

『純粋戦闘部門』 とっきーVSSakuya 戦闘前 とっきーサイド

亡びた街を 風が往く
静寂を切り裂く 刃の如く
果たして、運命の女神はどちらに微笑むのか―?

それは、何人にもわからない
唯一つ わかっているのは
己の中にある 熱き血潮

とっきー「確か、ここのはずでしたね―。」

僕は、とある相手からの招待状を受け、旧市街地ブロックH・Pへと足を運んだ。
データベースによると、今回の相手は全領域での戦闘を視野に入れたタイプ、しかもサポートメカを連れている、らしい。
とっきー(二対一、しかも僕とは対極に位置するタイプですか…。
…サポートメカを何とかしない限り、勝つのは不可能に近いですね…)

秘策も、用意してある。
僕とて、プロのメカニックだ。
…格闘術とメカの扱いにおいては、誰にも負けない自信があるのだから。