obakenaneko.cocolog-nifty.com > 武装神姫G・M・W保管庫(暫定版)

『純粋戦闘部門』 つうvs悪怒 決戦 つうサイド

『純粋戦闘部門』 つうvs悪怒 決戦 つうサイド

「宜しくお願いします。」
互いに挨拶を交わし、戦いは始まった。
先に仕掛けたのは悪怒。
悪怒「特製のプログラム弾だ、くらえっ!」
…流石に、狙いは正確だ。つうはギリギリでかわしてジェムバレッドで牽制をする。
つう「当たったら流石にやばいんでね!」
悪怒「やるな、…だがこれはどうだ?」
その瞬間つうの正面に巨大な拳が迫る。
つう「うわっと!、あぶね!」
つうは舞うように拳を避け背中のサーペントで反撃する。
HA「くっ、この…」
つう「それじゃ、反撃開始だ!」
つうは高速で旋回しながら悪怒に銃撃を浴びせる。
悪怒「ちぃっ!ならば!」
鎧をパージし高機動型のスタイルに変わる。
そして一直線につうに襲いかかる。
つう「うあぁっ!」
連撃をくらい、プログラムが入り込む。
つう「(ヤバイな…思うように体が動かん、だけどまだチャンスはある。)」
悪怒「とどめだ!」
つう「今だ!」
悪怒の爪を紙一重でかわすと同時に背部アームを地面に突き立てそれを軸に急旋回、背後に回りこみ、蠍をかまえる。
つう「チェックメイトです、降参してください。」
悪怒「くっ…仕方ないな、わかったよ。」