obakenaneko.cocolog-nifty.com > 武装神姫G・M・W保管庫(暫定版)

『純粋戦闘部門』 つうvs悪怒 決戦後 悪怒サイド

『純粋戦闘部門』 つうvs悪怒 決戦後 悪怒サイド

つう「立てますか?」

 つうさんが手を差し出す。

悪怒「ありがとう。いやはや、あと一歩だったかな。」
つう「そうですね、紙一重でしたね。」
悪怒「ふう…」(まったく、分厚い紙一重だな。)

 そう痛感する悪怒であった。

悪怒「つうさん試合があるんだろ?」
つう「そうでした。失礼します。」

 そう言ってつうは次のバトルへと急いでいった。

悪怒「さて俺も少し休憩したら行くか。」

 そういいながらもしばらく座っていた悪怒であった。